境界の彼方(8)

名瀬家の跡取りである泉の能力は、飛びぬけています。

「あれが、名瀬泉か?」

雫:「ばけものよ。せいぜい、邪魔しないことね。」

————————–

さくら:「頼めば、神原先輩は、そばにいてもいいって言ってくれる。」

未来:「何ができるわけでもないのに。」

さくら:「でも、そばにいたい。」

未来:「・・不愉快です。」

素直になれない、未来ちゃんです。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。