境界の彼方(8)凪

弥勒:「これが話していた妖夢です。別名、境界の彼方です。」

美月:「これが妖夢?どうして、わたしに教えるの?」

弥勒:「情報を握っているのは、名瀬家です。あなたから、なにか聞き出せないか?と。伊波唯を殺された伊波家は、栗山未来を殺そうとしていたらしいのですが、それを止めたのが名瀬泉。あなたのお姉さんです。」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。