境界の彼方(8)凪

さくら:「凪が来るって、うわさだから。」

また、秋人の母親から手紙が来ています。

母:「あっくん。やっちゃんとの約束を破って、うつろな影に近づいたと聞いたのだ。ひまわりの種がのどを通らなかったのだ。」

未来:「毎回、よこぞここまでキャラ作ってきますよね。」

秋人:「っていうか、栗山さん、そのかっこ、何?」

未来:「バイト中だったんです。」

母:「やっちゃん。悲しい。へけ、へけけけけけけ。」

美月:「へけの使い方に、歳を感じる。

秋人:「冷静に分析するな!!」

※誰かに言わせると「巨乳の頭の弱そうな母親は、かわいいなあ。」

広告

3 Replies to “境界の彼方(8)凪”

  1. 真っ青な秋人と、バニーの未来ちゃんが、対象的です。貧乳のバニーガールは、ちょっと悲しいけど。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。