ダーウィンズゲーム(9)シュエランvsカナメ

シュエラン:「時々いるのだ。戦いの中でこそ、その才を発揮できるものが。わしなら、その才を伸ばしてやれるぞ。そろそろ、わが一族の後継を探していたところだ。」

カナメ:「悪い冗談だ。」

シュエラン:「冗談ではない。なんだったら、お主の子を生んでやってもよいぞ。さすれば、次代も安泰じゃ。」

カナメ:「冗談じゃなきゃ、最悪のプロポーズだよ。」

その時、運転手の執事から連絡が入った。

士明:「シュエランお嬢様。追っ手です。」

ハマーの乗ったサンセットリーベンズのメンバーが、発信器を追跡してきたのでした。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。