鬼滅の刃(26)

世話をしてくれた葵にお礼を言う炭治郎。

青い:「お礼など結構です。選別でも、運よく生き残っただけ。その後は、怖くて戦いにいけなかったのです。」

炭治郎:「そんなの関係ないよ。葵さんは手助けしてくれた時点で、俺の一部だし。怪我したら、また頼むね!」

炭治郎:「カナヲ。俺達出発するよ。色々ありがとう。」

カナヲ:「師範の指示に従っただけなので、お礼を言われる筋合いではないわ。」

炭治郎:「しゃべってくれた!!!」

ふたりはコイントスして、表が出たらカナヲはもっと自分の心の声を聞くことと約束する。

そして、結果は表だったのです。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。