鬼滅の刃(26)鬼舞辻 無惨

鬼舞辻 無惨は下壱に言った。

鬼舞辻 :「耳に花札のような飾りをつけている鬼狩りを殺せ!そうすればもっと血を分けてやる。」

下壱:「何かが流れ込んでくる。」

そう、鬼舞辻 無惨の血を通して、下壱には鬼狩りの記憶が伝えられたのです。それは炭治郎でした。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。