鬼滅の刃(26)鬼舞辻 無惨

下四:「命を掛けて戦います。」

無惨:「お前は私の言うことを否定するのか?」

そして、彼女も無惨に喰われてしまいます。

下参「だめだ。おしまいだ。思考は読まれ、肯定しても、否定しても殺される。戦って勝てるはずも無い。なら・・・」

と、全力で逃げ出します。それを下壱は見ながら、

下壱:「おろかだなあ。」

逃げたはずの下参は、一瞬で刈り取られてしまいます。

そして鬼舞辻 無惨は言います。

鬼舞辻 :「十二鬼月は上弦のみでよいと思っている。」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。