鬼滅の刃(25)胡蝶姉妹

しのぶは、すぐにカナヲを風呂に入れます。

しのぶ:「姉さん。この娘、全然駄目だわ。言われなきゃ、何もできないの。」

かなえ:「あらあら。」

しのぶ:「一人じゃ何も決められないのよ。」

かなえ:「じゃ、一人のときはコレで決めたらいいわ。」

そういってコインを渡したのです。

かなえ:「そんなに重く考えなくても。カナヲは可愛いもの。。」

しのぶ:「怒。」

カナヲは死んだしのぶの姉・かなえに可愛がられたのです。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。