鬼滅の刃(25)

炭治郎が言います。

「まほちゃん、すみちゃん。きよちゃん。俺の修行の手伝いをして欲しい。寝ている間、全集中の呼吸をやめたら、布団たたきで、ぶんなぐってくれ。」

3人娘:「いいですよ!」

その夜、炭治郎は全集中の呼吸がとぎれて、布団たたきの刑を食らってしまいました。

炭治郎:「不甲斐ない。もう一度お願いします。」

炭治郎の鍛錬は、少しづつ実を結び、カナヲを追える様になりました。

炭治郎:「追えてる!ついていけてる!!」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。