鬼滅の刃(24)機能回復訓練

炭治郎:「いえ。できるようになったら、やり方を教えて上げられるので。」

しのぶ:「君は心が綺麗ですね。」

炭治郎:「あの、どうして、俺達をここに連れてきてくれたんですか?」

しのぶ:「君には私の夢を託そうと思って。鬼と仲良くする夢です。きっと君ならできますから。」

その時、匂いをかいだ炭治郎は、

「怒ってますか?なんだか、いつも、怒っている匂いがします。」

しのぶの顔が、なぜわかったのか?という顔になっています。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。