革命機ヴァルヴレイヴ

人類の総人口の70%が宇宙で生活するようになった時代。

ドルシアとARUSの2大勢力に分かれて争う中、ジオールは平和な国でした。

(※日本のようなイメージですね。)

その中の宇宙都市モジュール77には咲森学園があり、幼馴染のショーコとハルトは平和な暮らしをしています。

ある日、突然のドルシア侵攻が運命を変え始めます。

それが、ハルトがショーコに告白しようとしたタイミングと重なったためです。

いきなり始まった戦闘で、ショーコは爆死、それを怒ったハルトはジオールの秘密兵器であり、ドルシア侵攻の目標であった、ヴァルヴレイヴ1号機を稼動してしまいます。人間でなくなってしまう、ヴァルヴレイヴをハルトが動かしたために、幼馴染の二人は、すれ違いの人生が決定してしまいました。(T_T)

ハルト
サキ(左)とショーコ(右)
広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。