鬼滅の刃(23)カナヲ

隠しに背負われたままの炭治郎も、カナヲに見覚えがありました。

炭治郎:「最終選抜の時の娘だ。」

隠し:「お前、ゆうべ、カナヲ様にふんずけられたことを忘れてるな?カナヲ様は、継子だ。才能がよほど無ければ、選ばれない。女の子なのに、すげえよな。」

隠し:「胡蝶(しのぶ)様の言いつけで参りました。お屋敷に上がってもよろしいですか?」

カナヲ:「・・・・・」

隠し:「よろしい???」

カナヲはニコニコしているだけで、何も言ってくれません。不思議な娘です。(?_?)

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。