ダーウィンズゲーム(4)ラプラス

花屋:「ここまで少女が手強いとは。それに少年はどこだ?まさか、震えて隠れている?いや、あの目はそういう種類の男ではない。」

カナメは花屋の本拠地、コントロールルームに直接、乗り込んできたのでした。

花屋:「少年の覚悟を読みきれなかった。」

そして、花屋はカナメの前に姿を現したのです。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。