鬼滅の刃(22)手紙

女の子が手紙を読み始めた。

「こちらの手紙は、元柱の鱗滝左近次様から頂いたものです。」

炭治郎の師匠ですね。

「炭治郎が鬼の妹とあることを、どうかお許し下さい。禰豆子は強靭な精神力で人としての理性を保っています。飢餓状態でも人を喰わず、そのまま、2年以上の歳月が経過しています。にわかには信じがたいことですが、紛れもない事実です。禰豆子が人に襲い掛かったときは、竈門炭治郎、鱗滝左近次、冨岡義勇が腹を切ってお詫びいたします。」

それを聞いて、炭治郎は師匠と義勇に涙します。

広告

One Reply to “鬼滅の刃(22)手紙”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。