鬼滅の刃(22)御館様

不死川実弥が言った。

不死川:「これなる竈炭治郎なる、鬼を連れた隊士について、ご説明願いたく存知ます。」

御館様:「そうだね。驚かせてしまったね。炭治郎と禰豆子のことは、わたしが容認していた。みなにも、認めてもらいたい。」

柱:「たとえ、御館様のお言葉でも、それは認めかねます。」

煉獄 杏寿郎(れんごく きょうじゅろう):「こころから尊敬する御館様のお言葉ではあるが、理解できないお考えだ。全力で反対する。」

不死川実弥:「鬼を滅しての鬼殺隊。竈、冨岡両名の処罰をお願いします。」

御館様:「手紙を。」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。