ロードエルメロイⅡ世の事件簿

ロードエルメロイⅡ世・・・・彼は魔術師であり、ロンドン時計塔につながる学部長であった。

しかして、その実態は・・・・

10年前の日本、冬木市で繰り広げられた「第四次聖杯戦争」で、イスカンダルのマスターとして戦い、生き残ったウェイバー・ベルベットWaver Velvetであった。

彼は自分が唯一の王と信じたイスカンダルと再び見えるため、第五次聖杯戦争に出て、今度こそイスカンダルと戦い抜くために、弟子のグレイとともに活動していたのです。

グレイは、アーサー王の末裔であり、その姿はセイバーに酷似しているため、ウェイバーは顔を隠すように指示しています。

左:グレイ、右:ロードエルメロイⅡ世(ウェイバー・ベルベット)
グレイと魔術礼装アッド
広告

2 Replies to “ロードエルメロイⅡ世の事件簿”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。