鬼滅の刃(21)隊律違反

しのぶ:「これ、隊律違反なんじゃないかな?」

炭治郎は、体中、痛くて死にそうなのに、禰豆子を抱えて走ります。

炭治郎:「我慢。我慢。がまん!俺は鬼殺隊を抜けなければならなくなるのか?妹とは言え、鬼を連れている剣士なんか認められない。」

しのぶと義勇は一騎打ちです。

しのぶ:「本気なんですね。冨岡さん。まさか、柱が鬼を庇うなんて。」

広告

One Reply to “鬼滅の刃(21)隊律違反”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。