鬼滅の刃(21)累と炭治郎

首をはねられ、消滅していく累の身体を炭治郎が見つけた。

炭治郎:「小さな身体から、抱えきれないほど大きな悲しみの匂いがする。」

その時、炭治郎は累の背中に手を置いた。

累:「暖かい。そうだ。僕は謝りたかった。ごめんなさい。全部、僕が悪かったんだ。山ほど人を殺した僕は地獄へ行く。父さん、母さんとは同じところへいけない。」

父:「そんなことは無い。地獄でも一緒に行くよ。累。」

累:「全部、僕が悪かった。ごめんなさい。」

そういいながら、累は消滅していきました。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。