鬼滅の刃(20)しのぶvs姉蜘蛛

しのぶ:「わたしは柱の中で唯一、鬼の首が切れない剣士ですが、鬼を殺せる毒を作った、ちょっと凄い人なんですよ。あっ!!失礼しました。死んでるから、もう聞こえませんね。うっかりです。」

そういうと、繭玉から剣士を救い出してあげるしのぶです。

しのぶ:「服が溶けただけで、身体は殆ど無傷ですね。」

しのぶ:「このお嬢さんを従わせた鬼ですが、冨岡さんに先を越されてしまいましたか?」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。