とある科学の一方通行(1)

杏子:「いいじゃん。遺伝子情報くらい、頂戴よ!」

アクセ:「やめとけ。俺はあの説教くせえ、レベル0じゃねえ。手加減しねえぞ。」

上条当麻(かみじょう とうま) のことです。。

杏子:「あたしんだ!!」

ですが、カッターのベクトル制御はアクセラレータに握られており、役に立たなくなっていました。

みのり:「だめ。杏ちゃんが死んじゃう。」

デコピンをして、

アクセ:「命張るほど大事な奴なら、こんなことやる前に止めるべきだろ。」

そういって、見逃してくれたのです。ラストの紙袋は取り返しましたが。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。