鬼滅の刃(20)しのぶ

しのぶ:「助けてあげます。でも条件があります。可愛いお嬢さん。あなたは何人殺しましたか?」

姉蜘蛛:「五人。でも、命令されてしかたなかった。」

しのぶ:「嘘はつかなくて大丈夫ですよ。判ってますから。80人は食ってますよね?」

姉蜘蛛:「食ってないわ。」

しのぶ:「わたしは西から来ました。山の西側では、大量に繭がぶら下がってました。中の人は、液状に溶けて全滅でした。そこだけで繭玉は14個ありました。わたしは確認しているだけです。」

姉蜘蛛:「確認してどうするの?」

しのぶ:「正しく罰を受けるのです。その苦しみに耐え抜いたとき、あなたは許される。」

しのぶの言っていることがわかりません。(^_^;)

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。