鬼滅の刃(19)十二鬼月下伍

弟鬼:「君の妹を、僕の妹にする。」

炭治郎:「ふざけるな!その心得違いを正さなければ、お前には家族の絆は判らない!」

弟鬼:「うっとうしいな。威勢がいい。この十二鬼月の僕にかなうわけがないだろう!?」

そう、彼は十二鬼月 下弦の伍位だったのです。左目に数字がありました。

炭治郎が初めて会う、本物の十二鬼月です。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。