鬼滅の刃(18)

那田蜘蛛山に柱が到着した。水柱の 冨岡 義勇(とみおか ぎゆう) と蟲柱の 胡蝶 しのぶ(こちょう しのぶ) です。

しのぶ:「どなたか、お知り合いでもいましたか?新人の隊士も数名、入山したらしいですが、もう、死んでるかも?」

義勇:「いくぞ。」

しのぶ:「せっかくですから、仲良くしましょうよ。。連れないですね。では、わたしは西から参ります。」

義勇:「承知した。」

広告

One Reply to “鬼滅の刃(18)”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。