鬼滅の刃(18)善逸

こちらは、呼吸でなんとか生き延びている善逸ですが、その呼吸がうまくできないくらい、毒が体に回っています。

善逸:「手足の感覚がない・・」

もうこれまでか・・・と思ったとき、胡蝶しのぶが到着した。

しのぶ:「もしもーし。大丈夫ですか??」

善逸は助かったのです。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。