境界の彼方(7)桜の転入

雫:「裏技だけど、泉に頼めば、桜の転入を拒否できるわ。」

今は敵になっていますが、元々は桜と仲がよかった未来は悩んでいます。

美月:「本当に転入、止めなくて良かったの?」

未来:「はい。同じですから。空ろな影を倒したとき、一区切りついたと思いました。でも、私がいる限り、桜の中では終らないんですよ。きっと。」

未来:「あっ!?定期、学校に忘れてきちゃいました。先に、帰ってください。」

未来はきっと、何かを感じたのでしょう。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。