鬼滅の刃(15)那田蜘蛛山

鬼滅隊の隊員たちが、炭治郎達に切りかかった。

これは、どうみても、鬼に操られているようです。そして、炭治郎は背中に蜘蛛の糸があることに気づき、切り離しました。

炭治郎:「糸だ!糸で操られている!!」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。