鬼滅の刃(15)

那田蜘蛛山が目の前です。

善逸:「怖いんだよ。目の前の山に何も感じないのかよ?」

その時、炭治郎が、

炭治郎:「なんだ?この匂い・・・」

いきなり駆け出します。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。