鬼滅の刃(15)那田蜘蛛山

那田蜘蛛山では、沢山の鬼殺隊員が殺されています。道を歩く伊之助が気づきました。

伊之助:「なんだ、これ?」

炭治郎:「蜘蛛の巣みたいだな。」

そこで、鬼殺隊の生き残りと接触します。

炭治郎:「竈門炭治郎。階級はみずのとです。」

「みずのと!?なんで、柱じゃないんだ!みずのとじゃ、何人来ても、役に立たない。」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。