青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢をみない 舞

舞:「このまま、電車を乗り継いで、あの日より遠くへ行きたい。」

舞さんは、咲太とであったときのことを話してます。あの時は、咲太と大垣まで行きましたね。

舞:「そこで泊まって、朝になったら、また出かけるの。ずっと二人で。」

舞:「咲太こそ、冗談言わないで!のどかや楓ちゃんに、別れの挨拶みたいなこと、言わないで!!」

舞ちゃんは、咲太が、翔子ちゃんのために、死ぬ気になっていること、気づいたのでしょう。

舞:「あたしも一緒に背負うから、一緒に生きて!」

咲太:「僕は、いつもの忙しい舞さんが好きなんだ。」

舞:「嫌いになってもいい。生きててくれたら。」

咲太:「無理だよ。舞さんを嫌いになれる訳無い。」

舞ちゃんは、すでにべそかき状態です。

広告

2 Replies to “青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢をみない 舞”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。