鬼滅の刃(14)訳

善逸:「炭治郎。誰も聞かないから俺が聞く。どうして、鬼を連れているんだ?」

炭治郎:「善逸は判ってて、庇ってくれたんだな。お前はほんとうにいい奴だな。ありがとう。」

その時箱から禰豆子が出てくる。びびっていた善逸だが、禰豆子を見て、可愛い女の子だと知るや・・・・

広告

One Reply to “鬼滅の刃(14)訳”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。