鬼滅の刃(13)最後

きょうがい:「小生の書き物を踏みつけにしなかった。小生の鼓も、結鬼術も認められた。」

そう言うと、泣きながら、きょうがいは消滅しました。

彼は認められたかっただけなのでした。

広告

One Reply to “鬼滅の刃(13)最後”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。