鬼滅の刃(12)伊之助

伊之助:「行くぜ!猪突猛進!!」

一方、善逸は別の鬼に追いかけられて、逃げていました。

善逸:「やめて。こないで~。」

善逸:「膝に来た。立てない。俺をおいて逃げろ。」

そこへきた鬼が言う。

「お前の脳髄を、耳から吸ってやる。」

その一言で、善逸は気を失いました。

「うわー!!善逸さん、起きてよ!!!!!」

その時です。鬼の舌が切断されました。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。