れでぃばと(9)デート

朋美は、デート満喫です。

クレーンでは、アイテムをプレゼントしてもらいます。

朋美:「ちゃんと最後まで付き合ってよね。」


朋美:「うん!もうなんともない。やっぱり、気のせいだよね。」

自分の恋心は、勘違いだと思い込もうとしているのでしょうか?

その帰り道、二人は坂道を歩きながら昔話をします。

小さな朋美:「秋晴は絶対良いお嫁さんになれるよ。」

小さな秋晴:「僕、男だよ。」

小さな朋美:「大丈夫。あたしが保障する。」

そして、秋晴はお嫁さんになりたいと、作文で読んだのでした。

朋美:「秋晴は誰のお嫁さんになりたかったの?」

秋晴:「お前だよ。あの頃の俺は、お前のお嫁さんになりたかったんだよ。」

朋美:「・・ふーん。」

秋晴:「責任感じたら、あんまり言いふらすなよ。」

朋美:「わかった。」

その朋美の顔は、真っ赤でした。やっと、気づいたようです。

さあ、これで三角関係が始まります。(^_^)

広告

One Reply to “れでぃばと(9)デート”

  1. あの朋美ちゃんが、完全に照れています。秋晴のことが好きだった。当時は秋晴も自分が好きだった。それにやっと気づいたようです。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。