鬼滅の刃(11)

炭治郎:「なにやってるんだ!?嫌がっているだろう?」

善逸:「お前は最終選抜のときの。」

炭治郎は、善逸を無視して、

炭治郎:「安心して、家に帰りなさい。」

善逸:「その娘は俺と結婚するんだ。」

娘は善逸をひっぱたきながら、

娘:「いつ、わたしが好きだと言いましたか?具合悪そうにしていたから、声をかけただけです。わたしには結婚を約束した人がいます。」

この善逸。うざったい!

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。