鬼滅の刃(11)

落ち着いて腹が減った善逸に、炭治郎は、一つしかない握り飯をくれた。

善逸は、それを知って、半分個する。

善逸もいい奴なんですね。

炭治郎:「すずめを困らせるな。善逸が、そんなで、仕事しないし、女の子にすぐちょっかい出して困っている・・・・・と言ってるぞ。」

広告

One Reply to “鬼滅の刃(11)”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。