鬼滅の刃(10)

南南東を目指す炭治郎は、途中、 我妻 善逸(あがつま ぜんいつ)と会う。かれは、剣士として、炭治郎の同期であったが、極端な怖がりで、女好きであった。

善逸:「頼む。結婚してくれ!いつ死ぬか、判らないんだ。頼む。」

炭治郎:「なんなんだ?」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。