鬼滅の刃(10)

家の地下に降りていくと、元気になった禰豆子が駆け寄ってきた。

炭治郎:「禰豆子!」

でも、禰豆子は珠世にも抱きつきました。愈史郎の頭をなでます。

愈史郎:「やめろ。」

珠世:「禰豆子さん。この状態ですが、大丈夫でしょうか?」

炭治郎:「たぶん家族の誰かと思ってるんですよ。」

珠世:「それは人間が家族に見える暗示ですよね。私たちは鬼ですが。」

炭治郎:「禰豆子は、お二人を人間だと判断しています。」

それを聞いた珠世が泣き出してしまいます。人間扱いされたのが、相当嬉しかったのです。

広告

One Reply to “鬼滅の刃(10)”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。