れでぃばと(8)セルニアの別荘

秋晴:「お前って、ただのドリルじゃないんだな。」


その頃、朋美は秋晴の小さい頃の写真を、大地と見ていました。

朋美:「可愛いでしょ?」

大地:「秘密は守ってくれるんだな?」

学校であったのは、

朋美:「二人っきりでお話したいんです。あなたが隠していることについて。」

朋美:「ただの口実です。」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。