鬼滅の刃(10)

すさまると禰豆子の鞠の蹴り合いが始まりました。

愈史郎:「凄い。珠世様、これは?」

珠世:「私が使ったのは唯の回復薬です。彼女は人を喰らわずに、自分の力を出しているのです。」

そして、ついに禰豆子の力が、すさまるを上回りました。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。