れでぃばと(5)また、お風呂回

そのとき、秋晴達が風呂に入りにやってきました。

セルニア:「この声は・・日野秋晴!?」

秋晴:「ん!?ドリルか?なんで、中にいるんだ??」

朋美:「ふ~っ。一安心です。」

といいつつ、何か悪いことを思いついた朋美さんは、

朋美:「秋晴君。ドアが壊れてでれないの。どうにかできますか?急いで!!フレイムハートさんが大変なの!!」

セルニア:「えっ!?」

セルニアは、まだ嵌められたことに気づいていません。

思い切りドアを破った秋晴は、勢い余って、セルニアに乗ってしまいました。

2 Replies to “れでぃばと(5)また、お風呂回”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。