彼方のアストラ(12)

カナタ:「なぜ、俺達はそんな重大なことを知らないのか?」

シャルス:「それが”世界の秘密”だ。知るのは、世界政府の要人数名とヴィクシアの王のみ。全ては世界平和のためだった。」

シャルス:「この計画を実現したのは人工ワームホールだ。それは全世界で作られ、地球とアストラは1万本で結ばれた。

何もない所からの開拓は、当初は困難を極めたものの、既にある科学技術を投入することで加速していった。

一方、それが発表されると、人々は混乱し、移住先の領土の奪い合いになり、全人口が半分になった。そして、戦争を激化させた要因はワームホールだった。判るだろう?テロも暗殺もやり放題だ。」

シャルス;「そして戦争で生き残った人々は、愚かな行いを悔いて、国をなくし、資源は人類共有財産にし、言葉を統一し、争いの火種になる宗教と武器を葬った。人類はリセットすることで、平和を得た。」

シャルス:「その後4年かけて大移動を実行し、2057年7月5日、小惑星が地球に衝突。開拓が軌道に乗った後、すべてのワームホールが永久封印された。テクノロジーごと抹消したんだ。」

One Reply to “彼方のアストラ(12)”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。