彼方のアストラ(12)

ついに、120日目にして惑星ガルムを出発したアストラ号。

次はアストラです。

カナタ:「全員、揃ったな。時間はたっぷりある。ゆっくりでいい。話してくれるか?シャルス。」

シャルス:「わかった。話そう。」

かつて地球では、小惑星の衝突により絶滅を逃れるため、惑星移住を決断した。人類は一致団結して、移住可能な惑星探査に繰り出した。

地球に酷似した移住可能な惑星が見つかったのは、2年後だった。5000光年の彼方にある惑星は”アストラ”と名づけられた。

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。