彼方のアストラ(10)

シャルス:「簡単なミッションだった。みんなが知っている通り、クローン隠蔽の一斉殺処分計画。皆を宇宙に飛ばして、僕も一緒に行って、それで終わりだった。」

ルカ:「みんながクラフトスーツを脱ぐ前、少し早かったですね。」

シャルス:「そうだね。でも僕は宇宙を見ながら死にたかったんだ。」

キトリー:「船を見つけたのは想定外だったのね。」

シャルス:「ああ。アリエスを助けた後、通信室を調べるふりをして、部品を抜き取って.連絡が取れないようにした。だが、その後、最後の惑星まで皆で行く方針に変更した。僕は感動しているんだ。仲間と協力すると、凄い力になるんだね。」

カナタ:「お前がなぜこんな使命を負ってるんだ?死んでまで果たさなければならないのは、なぜだ?そんなことがあってたまるか。」

シャルス:「僕もクローンだよ。この中で唯一、初めからクローンと知っていた。オリジナルは、ヴィクシア王政地区の王だ。」

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。