彼方のアストラ(10)

アリエスと別れたカナタは、考えながら走っていた。

カナタ:「アストラへは恐らく帰れる。気になるのは刺客だ。絆があるから、平穏でいられる。このままなら刺客はいなかったということに・・」

そう考えたとき、カナタの後ろに光の玉が発生した。全速力で逃げるカナタと、追いかける光球。カナタは洞窟に逃げ込むが、光球は追いかけてくる。

カナタ:「洞窟はやばかったか?」

と、逃げる先にアリエスを見つけた。

カナタ:「アリエス。逃げろ!」

アリエス:「カナタさん?」

カナタ:「アリエス。球体・・」

だが、後ろを振り返ると、球体は消えていた。なぜ???

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。