彼方のアストラ(10)

カナタは一人で思い出していました。

それは、キャンプ初日に光の玉に飲み込まれた瞬間でした。

ルカ:「こんなもん、演出に決まってるじゃないですか。」

といって、一番に飲み込まれました。

確か、その後、キトリー、ウルガー、フニ、ザック、ユンファ、アリエス、そしてカナタが飲み込まれてます。

最後に飲まれたのは??


カナタはアリエスの個室へやってきました。

アリエス:「ほえ!心の準備が。」

カナタ:「準備とかいらねえ。」

アリエス:「いいけど、いけませんわ。」

カナタ:「マジマジ。お願い。ちょっとだけだから。」

アリエス:「なんか、嫌です!その言い方。」

カナタ:「頼むアリエス。」

アリエス:「お話しするだけですか?」

カナタ:「大事な話だ。」

アリエス:「じゃあ、どうぞ。」

アリエスはカナタへ恋心一杯ですが、カナタはアリエスの記憶能力の助けが必要なんですよね。

なかなか噛み合わない二人です。(^_^)

One Reply to “彼方のアストラ(10)”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。