五等分の花嫁(1)

四人でカレーを食べてます。

らいは:「お口に合うといいんだけど。」

風太郎:「お嬢様に庶民の味が判るかね?」

それには、らいはが、お盆でバコっ!!

らいは:「お兄ちゃん、家庭教師、ちゃんとやってきた?」

風太郎:「ばっちぐーよ。」

五月:「なによ・・」

風太郎:「いいから。らいはが、悲しむ。」

らいは:「安心したよ。これで借金問題が片付く。」

そう、らいはは小学生なのに、家の借金で頭を悩ませていたのだ。なんて、健気。。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。