五等分の花嫁(1)

四葉:「もう!また散らかして。」

一花:「まさか、君が私達の先生とは。」

風太郎:「いいから。さあ、今に行くぞ。」

そう言って、毛布を剥ぎ取ろうとしたら、

一花:「ああ!だめだめ。服着てないから、照れる。」

広告

One Reply to “五等分の花嫁(1)”

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。