五等分の花嫁(1)

家に入った風太郎だが、誰も集まらない。

四葉:「はいはーい。あたしがいます。」

風太郎:「ちょっと、眉間にしわを寄せてみてくれ。」

四葉:「こうですか?」

すると、誰かにそっくりだった。五月だった。

風太郎:「ほんとうに五つ子なんだ。」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。