五等分の花嫁(1)

二乃と三玖をかわし、強制突破を図る風太郎。

風太郎:「いた。ここが声をかけるラストチャンス。」

だが、タッチの差でエレベーターは閉まってしまった。

どうする?風太郎。

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。