SSSS.GRIDMAN(5)

休憩時間、裕太はマックスの言葉を思い返していた。

マックス:「彼女のことが好きなのか?」

そこへやって来たのは、新条アカネだった。

アカネ:「あれ?元気ないじゃん。」

広告

興味のある投稿がありましたら、感想をお願いします。